定期預金を活用して高金利で資産運用を行うには

仕事をしていくことで給料が出ます。そして貯金をしていくわけですが普通預金にお金が貯まったり、ボーナスが出た時にどのような貯蓄方法を取ればいいのでしょうか。普通預金より利息がいいものを探してみると見つかるのが「定期預金」です。社会人になってからずっと低金利だったので、この定期預金を知らないという人も多くなっています。しかし、活用すると金利が高いので生活にも活かすことができるでしょう。

この定期預金は預けてから一定期間は引き出せない預金です。普通に入出金できる普通預金と違って、満期日まで原則として引出しが出来ないのです。定期預金で設定できる預入れ期間は最短で1ヶ月、長いものだと10年まで預けていける定期預金があります。他にも自分で満期日を設定することができる預金もあります。そして金利ですが定期預金の預け入れ期間や金額が変わると、定期預金の金利も変わります。一般的に預金の満期まで期間が長くなると金利も高くなっていきます。大口定期という300万円や1000万円といった定期預金はより高い金利が設定されていきます。さらに金利の種類は2つあり、満期まで続く固定金利と定期的な見直しが入る変動金利の2種類があります。

現在銀行が提供している定期預金をうまく活用していくことで、普通預金よりも効果的な運用を行うことができるでしょう。ただ運用中はお金を下ろすことができないなどといったデメリットもあります。各銀行の提供している定期預金のメリットやデメリットを把握しながら使っていくことが大切です。このサイトは定期預金のことをしっかり考えて行くことが出来るような知識をご紹介して行きます。

 

■銀行を選ぶときの定期預金金利の順位⇒定期預金ランキング